シュトレン2018

シュトレン商戦のスタートが年々早くなりますね。10月半ばから焼き始めるパン屋さんの報告を見ていると、気が焦るばかりです(苦笑)。 でも、10数年のpolonパンのシュトレン記録を見ると、気温がぐっと下がり始める11月10日前後からがじっくりと発酵できて美味しく仕上がります。 さぁ、今年もシュトレンを焼く準備が出来ました。   春に実家の庭で育つ無農薬の夏みかんを収穫し、ピールに仕上げます。 秋に信頼のおける会社から、各国の認証されたフルーツを購入し、ラム酒やブランデーに漬け込みます。 そこから更に1年。 シュトレン2 飴色になった漬け込みフルーツをバターたっぷりのリッチな生地には混ぜ込んで焼き上げます。 1年の総仕上げですので、近くの有機農家が育てる小麦から起こした酵母、庭のブラックベリーで起こした酵母、身の回りの酵母を使い、地産の小麦もブレンドした生地です。アーモンドを丸挽きした粉を使って作ったローマジパンも真ん中に入ります。 シュトレン3 クリスマスを楽しみに待つお供にして頂けたら幸いです。 1本1800円。 今年まで価格据え置きでお分けしたいと思います。 カミイチ、おだわらパンまつり、配達、レッスンでお渡しできます。 お取り扱いしてくださるお店については、追ってご連絡いたしますね! お問い合わせは各種SNS、メールなどでお願いいたします。pooooolonあっとgmail.com(あっとを@に変えて) 伝統では今年のアドベント期間は12月2日から。 その時から、少しずつシュトレンをいただきながらクリスマスを待ちます。 アドベントに間に合うように、11月20日頃からお渡しできるようにいたします。 ホリデーシーズンはもうすぐですね!

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です